LGBT 地域で共助 市民団体が宮前市民館で講座 高齢期の問題など学ぶ 来月30日、11月28日

2021年9月21日 07時29分

講座のチラシ

 LGBTなど性的少数者についての理解を深めようと「あなたの隣にもいる セクシュアルマイノリティ〜子どもから大人まで・地域に目を向けて〜」と題した講座が、十月三十日と十一月二十八日に川崎市の宮前市民館で開催される。市内を中心にLGBTと地域をつなぐ活動をしている市民団体「なないろほたる」などが主催。当事者が出演するドキュメンタリー映画の上映やLGBTの高齢期の問題などを学ぶ。(竹谷直子)
 「なないろほたる」は市民向けの講座や、当事者を招いたトークイベント、当事者を適切な相談機関につなぐ活動などを続け、九月で設立から五年目を迎える。コロナ禍で活動が難しくなっているが、同団体の活動をきっかけに、NPO法人や市民館でLGBTについて学ぶ講座が開かれるなど、広がりを見せているという。
 十月のイベントでは、生まれた時の性別と自認する性別が異なるトランスジェンダーらの現状を伝える映画「I Am Here −私たちは ともに生きている−」を上映。監督でトランス男性の浅沼智也さんとの交流会も予定している。十一月は、当事者のライフプランニングなどを行っているNPO法人パープル・ハンズ事務局長の永易至文(ながやすしぶん)さんが高齢期の暮らしについて講演する。
 「なないろほたる」の代表は「どの世代にも助けが必要な人がいる。関心のない人であってもこちらから歩み寄っていきたい。セクシュアルマイノリティーとつながって知ってほしい」と来場を呼び掛けた。
 申し込みは、宮前市民館=電044(888)3911=へ。

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧