<新型コロナ>生理食塩水を接種 ワクチンと間違え最大6人に、宇都宮の集団接種会場で

2021年9月21日 08時00分
 宇都宮市は、新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の城山地区市民センターで、生理食塩水を最大六人に誤って接種した、と発表した。
 市によると、同センターの集団接種会場「診察室2」で、十九日午後二時から同二時半ごろまでの間、十四人に接種したが、このうち最大で六人に誤って接種した可能性がある。市は十四人に対して、十九日中に経緯と抗体検査の実施など今後の対応の説明、体調の確認をしたが、今のところ健康被害の報告はないという。
 生理食塩水で希釈したワクチンを注射器に充填(じゅうてん)して接種するが、市によると、薬剤師が使用済みの瓶に誤って生理食塩水を入れたことが原因とみられる。ワクチン充填作業は三人でしているが、確認作業が不十分だったといい、市はチェック体制を見直し、再発防止を徹底するとしている。

関連キーワード


おすすめ情報