都学童軟式野球大会新人戦 高井戸東 サヨナラ16強入り

2021年9月22日 08時14分
 都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞、日本ハム主催
 5年生以下の新チームで東京一を競う大会は19日、板橋区の荒川戸田橋緑地野球場で開幕。新型コロナ対策のため開会式は行わず、メイン会場での第1試合前に開始式を行った=写真。大会には支部代表など62チームが参加。20日までに1、2回戦を終え、大会ベスト16が決まった。3回戦は23日、同野球場で行われる。 (鈴木秀樹)

◆高井戸東 主将サヨナラ打

サヨナラ勝ちで2回戦を突破し喜ぶ平井主将(中)ら高井戸東野球クラブナイン(いずれも鈴木秀樹撮影)

 昨年大会3位の高井戸東少年野球クラブ(杉並)が国立ヤングスワローズ(国立)との2回戦で大接戦。タイブレークの末に勝利を収め、ベスト16入りを果たした。
 1、2回に3点を先取された高井戸東は国立の好左腕・亀澤泉樹を攻めあぐねていたが、4回、栗田醍が振り逃げで出塁すると、井上大雅、斉藤悠世の連打などで同点に。その後も5回に中村航大の左前打から1点、6回には吉田量の適時三塁打と敵失、さらに中村航の適時打で3点を加えてリードを奪ったが、最終7回に追いつかれ、勝負は無死一、二塁開始のタイブレークに持ち込まれた。

2回戦4回裏、反撃の2点タイムリーを放ち、ガッツポーズする斉藤

 それでも、8回表、国立の攻撃を1点に抑えた高井戸東は、1死二、三塁から、「甘い球が来たら、初球から行こうと思ってました」という平井裕毅主将が見事に初球を捉え、2点適時打を放ってサヨナラ勝ち。遊撃の守備でも再三、チームを救った頼れるキャプテンは「強い相手だったから、本当にうれしい!」と笑顔で話した。

力投が光った2回戦先発・栗田

力のある快速球で2回戦終盤を抑えた井上

 終盤の登板で、クローザーの役割をきっちり果たした井上も勝利を喜び、「きょうは球も走っていたし、コントロールも良かったと思います」。中島毅監督は「ヒヤヒヤでしたが、こんな試合がチームを育ててくれるんですよね」と言い、「最後まであきらめず、よく戦った」とナインをねぎらっていた。

◆城北メッツ 強豪・深川G撃破

 大会常連の強豪・深川ジャイアンツB(江東)と対戦した城北メッツ(北)。2回以降は毎回、得点圏に走者を背負いながらも得点を許さず、1点を争う緊迫の内容となった。
 先発の霞蓮祐から小池要にマウンドをつなぎ、深川の猛攻を3回の1点でしのぐと、1−1の6回、中前打で出塁した霞が相手守備の乱れに乗じてホームを陥れ、これが決勝点となり、2−1で強敵を下した。
 好投の霞は勝利を喜びながらも、「1点で抑えられたのは良かったけど、もっとコントロールを良くして、球数を減らしたいです」と厳しい自己採点だった。

◆旗の台は辛勝→快勝 初戦6点差逆転

レッドカイザーズとの初戦では終盤の逆転を守り切った旗の台クラブ

 昨年大会王者の旗の台クラブ(品川)が初戦で苦しみながらも3回戦に駒を進めた。
 レッドカイザーズ(江戸川)との1回戦は、2回に2点を先取しながら、その裏に逆転を許すと、その後もレッドカイザース打線に追加点を奪われ、4回を終えた時点では2−8と大きくリードを奪われた。
 しかし、ここから打線が奮起。5回に1点を返すと、1時間45分の時間制限により最終回となった6回、四球と敵失で無死満塁とし、中常裕太主将が走者一掃の二塁打を放った。さらに早野快星、河原光一郎、大石隆之介も適時打を放つなど、一挙7得点で大逆転。その裏のレッドカイザーズの猛追を1点でしのぎ、逃げ切って初戦をものにした。
 「どんな大会も、やはり初戦は硬さが出ますね」と酒井達朗監督は苦笑い。それでも、この勝利で余裕が出たか、本宿シルバースワローズ(武蔵野)との2回戦は「伸び伸びプレーしていましたね」とコールド快勝。「やっぱり都大会はレベルが違う」と驚きつつ、チームメートに声を掛け続けた中常主将は「2試合目はみんな緊張がとれて、少し良い試合ができたけど、守備や走塁でミスもありました。そこに気をつけて、次もしっかり戦いたい」と引き締めていた。

2回戦を突破した旗の台クラブ


 ▽1回戦
旗の台クラブ(品川)10−9レッドカイザーズ(江戸川)
東久留米アストロズ(東久留米)3−2中野セネタース(中野)
晴海アポローズ(中央)7−5小作台少年野球クラブ(羽村)
日の出ジュニアファイターズ(あきる野)6−5三砂少年チーム(江東)
東金町ライナーズ(葛飾)9−4イーグルスターズ(町田)
青梅フォルテ・友田連合(青梅)6−4サンジュニア(台東)
ナインスターズ(世田谷)9−0清瀬旭丘A(清瀬)
菊坂ファイヤーズ(文京)5−3荒川ジャンプ(荒川)
多摩フレンズベースボールクラブA(多摩)8−1武蔵ライオンズ(武蔵村山)
池雪ジュニアストロング(大田)5−2カバラホークス(足立)
町田玉川(町田)6−2墨田スターズ(墨田)
高井戸東少年野球クラブ(杉並)7−0四谷フェニックス(新宿)
国立ヤングスワローズ(国立)11−8北原少年野球クラブ(練馬)
高島エイト(板橋)18−1調布ディアーズ(調布)
平尾ジェイズ(稲城)7−5ホワイトユニオンズ(豊島)
深川ジャイアンツB(江東)11−1レッドシャークス(東村山)
城北メッツ(北)6−1立川富士見シールス(立川)
東京バンバータJr.(世田谷)7−6和泉フレンズ(狛江)
目黒ペガサス(目黒)8−0光華グリーンズ(昭島)
雷サンダース(江戸川)11−0日野万タイガース(日野)
西伊興若潮ジュニア(足立)17−0芝久保ドラゴンズ(西東京)
金町ジャイアンツB(葛飾)11−1仲宿ファイターズ(板橋)
桃一小野球クラブ(杉並)7−6北野バイオレンズ(八王子)
千束ファイターズ(大田)16−3小平ライダース(小平)
初台ビクトリー(渋谷)5−4瑞穂ウルフファイターズ(瑞穂)
中村ウィンズ(練馬)11−1高輪クラブ(港)
小金井ビクトリー野球倶楽部B(小金井)12−5町田イーグルス(町田)
若松ホーマーズB(府中)10−2アーサ・スターズ(福生)
国分寺ジュニアキングB(国分寺)4−2麹町ドリームス(千代田)
しらさぎ(江戸川)10−0蓮根ロータス(板橋)
 ▽2回戦
旗の台クラブ12−1本宿シルバースワローズ(武蔵野)
晴海アポローズ1−0東久留米アストロズ
東金町ライナーズ7−2日の出ジュニアファイターズ
青梅フォルテ・友田連合6−2ナインスターズ
多摩フレンズベースボールクラブA9−1菊坂ファイヤーズ
池雪ジュニアストロング5−4町田玉川
高井戸東少年野球クラブ9−8国立ヤングスワローズ
 (タイブレーク)
高島エイト17−0平尾ジェイズ
城北メッツ2−1深川ジャイアンツB
東京バンバータJr.13−2目黒ペガサス
西伊興若潮ジュニア8−5雷サンダース
 (タイブレーク)
桃一小野球クラブ6−0金町ジャイアンツB
千束ファイターズ11−1初台ビクトリー
中村ウィンズ7−6小金井ビクトリー野球倶楽部B
 (タイブレーク)
若松ホーマーズB10−4国分寺ジュニアキングB
しらさぎ3−2連雀スパローズ(三鷹)
(東京中日スポーツ)

関連キーワード


おすすめ情報

みんなのスポーツの新着

記事一覧