「村上春樹ライブラリー」完成 母校で会見

2021年9月22日 23時53分

 作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された資料を基にした研究・交流施設「早稲田大学国際文学館」(村上春樹ライブラリー)の開館を前に、村上さんが二十二日、東京都新宿区の早稲田大で記者会見した。
 同館は村上さんが持っていた直筆原稿やレコード、書籍など一万点を所蔵。既存校舎を建築家の隈研吾さんの設計で改築し、十月一日に開館する。約十二億円の改築費はファーストリテイリング社の柳井正会長兼社長が寄付した。

記者会見後、写真撮影に臨む左から十重田裕一早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)館長、田中愛治同大総長、村上春樹さん、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長、建築家の隈研吾さん=2012年9月22日、東京都新宿区で(嶋邦夫撮影)


関連キーワード

PR情報