<食べて応援!>中野名店弁当も賛同

2021年9月23日 11時36分
 東京都中野区観光協会のプロデュースで、区内の飲食店が自慢のメニューを配達できるようにした「中野名店弁当」が、新型コロナウイルス禍で苦しむ飲食店の利用を呼び掛ける「買って応援!食べて応援!飲食店応援キャンペーン」(城南信金主催)に賛同した。
 中野名店弁当は現在、七店舗が参加。オムライスやイタリアン、いなりずしなどのメニューがある。価格は五百円から千円。専用ホームページで当日午前十時までに予約を受け付け、配達か取り置きを選ぶ。
 参加店の一つ「ボードゲームカフェ&オムライスkurumari」のオーナー上野史雄さん(39)=写真(左)=は「営業時間の短縮やお酒の提供の自粛で売り上げが落ちる中、『おいしかった。頑張って』と言われると励みになる」と話している。
 【関連リンク】テークアウト支援サイト「つながろうプロジェクト

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧