温暖化止めないと…祖父母が一生経験しない暑さを孫は何回も経験 国立環境研など分析

2021年9月24日 19時30分
 若者が地球温暖化対策の徹底を求めるのは、将来世代ほど「被害」を受けやすいからだ。今世紀末まで温暖化が加速していった場合、2020年に日本で生まれた人たちは、祖父母世代が生涯経験しない暑い日を400回経験するという研究結果もある。
 国立環境研究所地球システムリスク解析研究室の塩竈しおがま秀夫室長らが6月、学術誌「Environmental Research Communications」に論文を公表した。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書で活用された気候変動予測データを基に、20年生まれの人と60歳離れた祖父母世代がそれぞれ80歳まで生きると想定して解析した。
 塩竈室長は「気候変動は今の対策が将来を決定付ける。政治的なパワーを持つ年配層に、予測を実感してもらいたい」と話す。
 各国の対策で温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の年間排出量の上昇を抑え、50年すぎから下降に転じさせた想定でも、20年生まれの人は祖父母が経験しない暑さを60回経験。早期に排出量を減らし、世界の平均気温上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑える「パリ協定」の目標を達成したとしても、祖父母が経験しない暑さを10回経験し、記録的な大雨も増えるという。

祖父母が生涯経験しないような暑い日を孫が経験する回数の分布。左上の最悪の想定では、南アメリカやアフリカを中心に回数が多いことが読み取れる(塩竈秀夫さん提供)

 熱帯域の発展途上国では、次世代が前例のない暑い日を1000回以上経験しうるという結果も出た。CO2排出が少ない途上国の方が被害が大きくなるという、地域間の不公平さも浮き彫りにしている。(福岡範行)

おすすめ情報