<新型コロナ>神奈川県で新たに251人感染2人死亡 磯子郵便局のクラスターは77人に

2021年9月24日 19時56分
 神奈川県内で24日、新型コロナウイルスに感染した川崎市と横須賀市の80代男性の死亡と、新たに251人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。
 川崎市によると、死亡した男性は市内の病院に入院していた3日に熱やせきを発症し、翌日陽性と判明。16日に肺炎による死亡が確認された。ワクチン接種は不明という。新規感染者は48人。このうち宮前区の認可保育園で、園児6人を含む8人が陽性となり、クラスター(感染者集団)は計22人となった。
 横須賀市によると、死亡した男性は基礎疾患のため8月22日に入院した際の検査で陽性が判明。無症状だったが悪化し、今月23日に死亡した。新たな感染は17人。介護老人保健施設で入所者9人の陽性が判明し、クラスターは29人となった。
 茅ケ崎市は13人の感染を発表した。30代男性は同僚の感染が判明したが検査せず、3日後に症状が出て、その5日後に陽性が判明。肺炎像があり入院した。基礎疾患があるという。
 横浜市は97人の感染を公表した。このうち30代と50代男性はクラスターが発生している磯子郵便局の職員で、感染者は計77人となった。
 県は40人の感染を発表。厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で90代女性入所者1人が感染し、クラスターは12人になった。女性はワクチンは2回接種済みだが、中等症のため入院している。また、県内の病院に別の疾患で入院していたワクチン未接種の80代女性が院内感染した。
 相模原市は27人、藤沢市は9人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧