フロンターレ 26日から献血応援キャンペーン 協力者に特製キーホルダー

2021年9月25日 10時29分

27日から市内の献血ルームで配布されるキーホルダーのデザイン

 川崎フロンターレは二十六日から献血応援キャンペーンを始める。
 県赤十字血液センターに協力し、二〇一一年から毎年続ける取り組みで、同日の等々力陸上競技場(川崎市中原区)での湘南ベルマーレ戦を前に、場外イベント広場などで「噂(うわさ)のケンケツSHOW」と題した応援イベントを開催。お笑いコンビ「アルコ&ピース」らが出演する無料ステージなどが行われる。
 二十七日からは「かわさきルフロン献血ルーム」(川崎区)と「みぞのくち献血ルーム」(高津区)で、献血に協力した人に特製キーホルダーをプレゼントする。橘田健人選手、大島僚太選手、レアンドロ・ダミアン選手、遠野大弥選手の写真とサインを、それぞれプリントした四種類計四百個を作成。広報担当者は「コロナ禍で献血も減っていると聞く。この機会に、ぜひ献血を始めてほしい」と呼び掛けている。(中山洋子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧