<新型コロナ>神奈川県で193人感染、5人死亡

2021年9月25日 17時21分
 神奈川県内で25日、新型コロナウイルスに感染した50〜90代の男女5人の死亡と、193人の感染が明らかになった。県と5市の保健当局が発表した。新規感染者は3日ぶりに200人を下回った。
 横浜市は新型コロナウイルスに感染した50〜90代の男女4人の死亡と、76人の新規感染を発表した。
 亡くなった4人のうち、90代の女性はクラスター(感染者集団)が発生した新戸塚病院(戸塚区)の入院患者で、ワクチンは未接種だった。このクラスターでの死者は12人になった。50代女性は倦怠けんたい感に加え、背中の痛みが出て8月17日に市内の病院に搬送された。入院後に感染が分かり、症状の悪化に伴って転院し、9月22日に死亡した。基礎疾患はなく、ワクチンを接種していたかは確認できていない。
 川崎市も、横浜市の70代女性の死亡を発表。女性は8月27日に頭痛や喉の痛みなどを発症した。9月8日に受診して陽性と判明して川崎市内の病院に入院。23日に肺炎による死亡が確認された。ワクチンは接種していなかった。10歳未満〜60代の60人の感染も発表した。
 また市は、多摩区の保育園で関係者が陽性となり、25日から当面臨時休園すると発表した。
 県は31人、相模原市は18人、横須賀市と藤沢市は各4人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧