【動画】コロナ禍でも自宅で尾瀬ハイキング気分 柴咲コウさんプロデュースのYouTubeで動画配信

2021年9月26日 07時14分

紹介している尾瀬の風景

 コロナ禍でも自宅でハイキング気分を味わってもらおうと、俳優で歌手の柴咲コウさんが代表を務める「レトロワグラース」(東京都港区)が今月、尾瀬の魅力を発信する動画の配信を始めた。地元の片品村観光協会や環境省などが協力して同社が制作。群馬、栃木など四県にまたがる尾瀬国立公園の美しい自然を柴咲さんの楽曲「蒼(あお)い星」に乗せて紹介している。(石井宏昌)

柴咲コウさん(レトロワグラース提供)

 動画は約四分半。動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信中。撮影は七、八月に行われ、尾瀬の爽やかな夏の風景を伝えている。尾瀬沼や尾瀬ケ原など尾瀬国立公園の代表的な地域を山歩きしているように楽しめ、広大な湿原や迫力ある滝などドローンを使って撮影した映像もある。柴咲さんがプロデュースするユーチューブチャンネル「レトロワグラース・チャンネル」で観賞できる。
 柴咲さんが務める環境省「環境特別広報大使」の活動の一環で、コロナ禍でも「旅気分をお裾分け」と、国立公園を中心に自然の美しさを国内外に伝える「シェアリング・トリップ」シリーズの一つ。これまで瀬戸内海国立公園など国内七カ所の動画を公開し、今回が第八弾になる。
 尾瀬の動画では、片品村観光協会や尾瀬檜枝岐(ひのえまた)温泉観光協会(福島県)、環境省・片品自然保護官事務所が動画素材を提供するなど協力。レトロワグラースによると、地元地域や同省と共同で制作に取り組むのは初めてという。
 同社関係者は「コロナ禍で遠出を控える状況が続く中、心を潤してもらえれば」としている。

関連キーワード

PR情報