<自民党総裁選>党員・党友の支持、河野氏47% 岸田氏追い上げ22% 高市氏16% 野田氏3% 共同電話調査

2021年9月26日 19時28分
立候補を届け出た(上段左から)河野太郎、岸田文雄(下段左から)高市早苗、野田聖子の各氏

立候補を届け出た(上段左から)河野太郎、岸田文雄(下段左から)高市早苗、野田聖子の各氏

 共同通信社は25、26両日、自民党総裁選について電話で調査し、全国の党員・党友の支持動向を探った。投票資格があると答えた党員・党友の回答を集計すると、新総裁にふさわしい候補は河野太郎行政改革担当相が最多の47.4%、2位の岸田文雄前政調会長が22.4%となった。17、18両日の前回調査から河野氏は1.2ポイント減、岸田氏は3.9ポイント追い上げ、両氏の差は5.1ポイント縮まった。高市早苗前総務相が16.2%、野田聖子幹事長代行3.4%と続いた。
 総裁選の仕組みに沿って換算すると、党員・党友投票による382票のうち河野氏は半数を超える200票を確保する見込みだ。投票済みと答えた党員に限ると岸田、高市両氏への支持はともに3ポイント以上増える。河野氏は若干減っており、岸田氏らとの差はさらに縮まる可能性がある。
 「まだ決めていない・分からない」と答えた10.7%を除いて試算すると、岸田氏の地方票は90票を超えた。高市氏は前回調査の70票前後を維持し、野田氏も同様に10票程度となっている。
 党員・党友投票は28日が締め切り。全国集計し、得票割合に応じてドント方式で配分される。(共同)

おすすめ情報

政治の新着

記事一覧