<新型コロナ>神奈川県で128人感染 4日連続で200人下回る 藤沢市のスポーツ教室でクラスター

2021年9月28日 18時24分
 神奈川県内で28日、新型コロナウイルスに感染した男女6人の死亡と、新たに128人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者が200人を下回るのは4日連続。
 横浜市は50〜90代の女性3人の死亡を発表した。いずれも感染経路不明。50代女性は8月19日に陽性が判明し、自宅療養していたが、呼吸状態が悪化し、25日に入院。9月24日に死亡した。糖尿病などを患っていた。60代女性は肥満で糖尿病などの基礎疾患があった。2人ともワクチンは未接種だった。90代女性は2回接種していたが、13日に陽性が判明し、25日に死亡した。新規感染者は38人。
 茅ケ崎市は60代男性の死亡を発表した。8月11日に陽性が判明し、軽症で自宅療養していたが悪化し17日に入院、9月25日に死亡した。基礎疾患はなかった。新たな感染は3人。30代男性は14日に発症し、24日に陽性が判明。肺炎像などがあり中等症で入院した。
 横須賀市は20日に死亡した60代男性の感染が死後に判明したと発表した。新たな感染は男性を含め9人。70代女性は11日に同居家族が陽性となり、濃厚接触者として健康観察期間中に息苦しさが出て27日に感染が判明、入院した。ワクチンは未接種だった。
 川崎市は川崎区の50代男性の死亡を発表した。男性は8月26日、熱やせきを発症し、27日に陽性と判明。重症と診断されて入院し、9月25日に亡くなった。ワクチンは未接種で、脂質異常症や心疾患があったという。また21人の新規感染を発表した。
 県は32人の感染を発表した。海老名市の50代男性は26日に体調が急変して受診と検査をし、重度の肺炎と診断されて入院。ワクチンは未接種という。逗子市の40代男性は知人と会食、鎌倉市の20代女性は知人とドライブして感染したとみられるという。厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設では、ワクチン接種1回のみの入所者1人が感染し、クラスター(感染者集団)は14人になった。
 相模原市は14人の感染を発表した。緑区の企業で新たに従業員1人の感染が分かり、クラスターは29人となった。
 藤沢市は11人の感染を発表した。このうち10歳未満の男児2人と20〜40代の女性2人は市内の同じスポーツ教室の利用者と従業員。すでに感染が判明している利用者3人を含めて感染者は計7人となり、クラスターと認定した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧