魅惑のアクアリウム展 東京ドーム

2021年9月29日 07時18分
 水槽の中に美しい景観を表現する「ネイチャーアクアリウム」の企画展が、東京ドームシティのギャラリーアーモ(文京区後楽)で開かれている。
 ネイチャーアクアリウムとは、水槽の中に水草をはじめ、魚、エビなどを育て、さらに流木や石を使って、自然の良好な生態系を再現し、その美しい水景を楽しむアートで、環境問題への関心の高まりと同時に注目されている。
 本展では、水景クリエーターの先駆者だった天野尚(たかし)さん(2015年8月死去)の創作活動をはじめ、その遺志を継ぐ5人のクリエーターによる最新作のほか、天野さんが大判カメラで撮影した作品の特大パネル10点(横最長6.5メートル)も紹介。会場には熱帯雲霧林が目の前にそびえ立っているかのように見える巨大な「ネイチャータワー360°」=写真=も登場、来場者を別世界に誘う。
 展示は11月14日まで。開館は平日12〜19時、土・日・祝日は11〜19時。入場料は当日一般1500円ほか。(電)03・5800・9999  

関連キーワード


おすすめ情報