甘利幹事長、松野官房長官 高市政調、麻生副総裁 総務会長に福田氏抜てき 岸田執行部が1日発足

2021年9月30日 22時24分
自民党麻生派の会合に出席し、会場を後にする甘利税調会長=30日午後、東京都千代田区

自民党麻生派の会合に出席し、会場を後にする甘利税調会長=30日午後、東京都千代田区

 自民党の岸田文雄総裁は30日、政権運営の要となる幹事長に甘利明税制調査会長(72)、官房長官に松野博一元文部科学相(59)を起用する方針を決めた。総裁選で争った高市早苗前総務相(60)は政調会長、河野太郎行政改革担当相(58)は広報本部長に登用。選対委員長に遠藤利明元五輪相(71)を充て、総務会長に衆院当選3回の福田達夫議員(54)を抜てきする。岸田氏は10月1日に執行部を発足させる考えを記者団に示した。
 副総裁に麻生太郎副総理兼財務相(81)、国対委員長に高木毅衆院議院運営委員長(65)、組織運動本部長に小渕優子元経済産業相(47)、幹事長代行に梶山弘志経産相(65)を起用する。安倍晋三前首相が総裁選で支援した高市氏に加え、出身の最大派閥の細田派(96人)から松野、福田、高木3氏が政権幹部入りする。麻生氏が率いる第2派閥の麻生派(53人)からも甘利、河野両氏を起用。首相経験者の安倍、麻生両氏に配慮した人事が鮮明となった。
 岸田氏が党役員人事選定で強調していた「老壮青のバランス」も重視したとみられる。旧竹下派(51人)からは小渕氏、谷垣グループからは遠藤氏、無派閥からは高市、梶山両氏を用いることとなった。
 岸田氏はさらに執行部人事の検討を進め、松野氏以外の閣僚の人選も急ぐ。官房長官は萩生田光一文科相を充てる案が浮上したほか、上川陽子法相の起用も取り沙汰されたが、調整の結果、松野氏で決着した。萩生田、上川両氏は重要ポストで処遇する方向だ。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧