江戸絵画(No.1529)

2021年10月1日 08時05分
 江戸時代、寺社や公家・武家に加えて裕福な町衆がパトロンとなり、美術の民衆化が起きました。絵画では幕府御用の狩野派や大和絵の土佐派のほかに、琳派や文人画、円山四条派や浮世絵など、伝統に縛られない新しい画風が花開いたのです。各流派と奇想の絵師たちを紹介します。
※サンデー版大図解「江戸絵画(No.1529)(2021年10月3日)」の販売不可のお知らせ
サンデー版大図解「江戸絵画(No.1529)(2021年10月3日)」のコピー販売はしておりません。
ご希望の方は10月3日付けの東京新聞朝刊バックナンバーをお買い求め下さい。
(東京新聞オフィシャルショップでの販売期間:2021年10月10日まで)

関連キーワード


おすすめ情報