<新型コロナ>神奈川県で新たに117人感染 茅ケ崎の高齢者施設クラスターは8人に

2021年10月1日 17時37分
 神奈川県内で1日、新型コロナウイルスに感染した40~90代の男女3人の死亡と、新たに117人の感染が明らかになった。新規感染者数は5日連続で150人以下となった。
 県は2人の死亡を発表した。クラスター(感染者集団)が発生している厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設入所者の90代女性は、9月13日に症状が出て救急搬送され入院していたが、23日に亡くなった。座間市の40代男性は7月下旬にせきなどの症状が出て8月3日に陽性が判明。肺炎像があり、4日から入院し、9月22日に死亡した。持病の有無は不明。ともにワクチンを接種したかは不明という。新規感染は20人。
 横浜市は70代男性の死亡を発表した。8月6日に発熱し、7日に感染が判明。軽症で自宅療養していたが、14日に呼吸苦で入院。症状が悪化したため17日に転院し、9月30日に死亡した。高血圧と糖尿病を患っており、ワクチンは1回接種していた。新規感染は54人。
 川崎市は28人の感染を発表した。70代男性が中等症で、他は軽症か無症状。また川崎区の認可保育所で関係者1人の陽性が判明し、1日から当面の間臨時休園すると発表した。
 茅ケ崎市は2人の感染を発表した。クラスターが発生した市保健所管内の高齢者施設を利用している80代女性と職員の40代男性で、この施設の感染者は計8人になった。
 相模原市と藤沢市はそれぞれ5人、横須賀市は3人の感染を発表した。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧