鶏卵大手元代表の秋田被告に有罪判決 吉川元農相への500万円贈賄罪で東京地裁

2021年10月6日 17時07分
秋田善祺被告(「アキタフーズ」グループのウェブサイトから)

秋田善祺被告(「アキタフーズ」グループのウェブサイトから)

 自民党衆院議員だった元農相の吉川貴盛被告(70)=収賄罪で公判中=に現金計500万円を渡したなどとして、贈賄と政治資金規正法違反の罪に問われた鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)元代表の秋田善祺被告(87)に対し、東京地裁は6日、「農林水産行政や国政などに対する国民の信頼を大きく害した」として、懲役1年8月、執行猶予4年(求刑懲役1年8月)の判決を言い渡した。

◆控訴はしない方針

 向井香津子裁判長は、「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の国際基準案に反対してもらう趣旨で現職大臣に賄賂を渡し、「重要な政策判断に強い影響を及ぼそうとした」と指摘。自身ではなく業界全体の利益が目的だったとの弁護側の主張に対しては「狭い視野に基づく考えで、不正を用いたことに酌むべき点はない」と断じた。
 一方、長年発展に貢献した業界団体の一線を退き、反省していることなどもふまえて猶予刑とした。判決言い渡し後、秋田被告ははっきりした口調で「承知しました」と述べ、頭を下げた。被告の弁護人は控訴しない方針を明らかにした。
 吉川元農相は自身の公判で「現金を受け取ったことは争わないが、あくまでも政治献金と受け止めていた」と無罪を主張している。
 判決によると、秋田被告は、国際機関が示した飼育環境の厳格化案に反対するなど、業界に便宜を図ってもらうなどの趣旨で、2018年11月~19年8月、吉川元農相に大臣室などで3回にわたり計500万円を提供。また、河井克行元法相(58)=公選法違反罪で実刑、控訴=と吉川元農相のパーティー券計534万円分を、名義を偽装して購入した。(小沢慧一)

関連キーワード

PR情報