ドラゴンクエスト作曲のすぎやまこういちさん死去 堀井雄二さん、鳥山明さん「本当に残念」

2021年10月7日 16時22分

すぎやまこういちさん

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」(DQ)シリーズの楽曲で知られる作曲家すぎやまこういち(本名・椙山浩一)さんが9月30日、敗血症性ショックで亡くなったと、DQを手掛けるゲーム会社「スクウェア・エニックス」が7日付けで公表した。90歳だった。(デジタル編集部)

 同社ウェブサイトの「訃報」によると、すぎやまさんはDQシリーズの500曲以上の楽曲を1人で担当。制作中の「ドラゴンクエストⅫ 選ばれし運命の炎」が最後の仕事となった。

スクウェア・エニックスのウェブサイトに掲載されたすぎやまこういちさんの訃報を知らせるメッセージ

 葬儀、告別式は親族らのみで執り行った。遺族の意向で、弔問や香典、献花などは遠慮してほしいという。お別れの会は開かれる予定。
 同社「ドラゴンクエスト」チームは、訃報の中で「『ドラゴンクエスト』の音楽は永遠に皆様の記憶の中にあり、『ドラゴンクエスト』のゲームの世界でいつまでも生き続けてまいります」とコメント。DQシリーズの制作を担ったゲームデザイナー堀井雄二さんは「すぎやま先生は音楽という命をずっと吹き込んできてくださいました」、漫画家鳥山明さんは「長くご一緒に仕事をさせていただいて本当に光栄でした!」などとコメントを寄せた。同社の松田洋祐社長も哀悼のコメントを発表した。
 すぎやまさんは右派論客としても活動し、2015年にテレビの報道番組の司会者が安全保障関連法案の廃案を訴えた際には、「放送法遵守を求める視聴者の会」として、非難する意見広告を出した。
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報