甘〜い低糖質スイーツいかが シェアキッチンを板橋で運営・山本さんがレシピ本  ダイエット中や糖尿病の人も

2021年10月8日 08時34分

「ストレスを感じることなく甘いお菓子を楽しんでほしい」と出版の動機を語る山本蓮理さん

 誰でも菓子作りに利用できるシェア厨房(ちゅうぼう)「夢見キッチン」を板橋区で運営する山本蓮理(れんり)さん(35)が、糖質を抑えた菓子のレシピ本「シンプルな材料だけで美味(おい)しく作れる低糖質の焼き菓子」(秀和システム)を出版した。「低糖質=味気ない」という先入観を破り、味も見た目も普通の菓子と遜色ないものが作れるよう工夫した。(小松田健一)
 低糖質菓子の製造販売を手掛ける山本さんは「ダイエット中や、糖尿病の治療中でも、ストレスなく味わえる甘い菓子づくりを手軽に家庭で楽しんでほしい」と出版の動機を話す。
 掲載した菓子は三十一種類。砂糖の代わりに果実やトウモロコシなどを使った植物性甘味料「ラカントS」を使い、小麦粉の代わりにアーモンドパウダーやおから、豆腐などを利用して、味を損なわずに甘みとボリューム感を出せるようにしている。
 例えば「ガトーショコラ」は、同重量の市販品に比べて糖質を約三分の一、カロリーを約半分に抑えるなど、どの菓子も大幅に糖質・カロリーオフができたという。その他の材料や型なども、家庭での調理を意識して、なるべくスーパーや百円ショップで安価に入手できるものを選んだ。
 九月十一日に発売されると、大手通販アマゾンの書籍「デザート・スイーツ」「糖尿病」の両部門で一位を獲得する反響があった。山本さんは「関心の高さに驚いた。特に、甘いお菓子をなかなか口にできない糖尿病の人が注目しているのでは」と話す。
 B5判八十三ページ、税込み千五百四十円。書店やアマゾンで販売。また、二日に二カ所目となるシェアキッチンが杉並区和泉にオープンした。一般へ貸し出すほか、山本さん自身が低糖質菓子の販売もする。

関連キーワード


おすすめ情報