岸田首相、金融所得課税「当面触ること考えていない」 成長と分配好循環は「まず成長」

2021年10月10日 19時01分
岸田文雄首相

岸田文雄首相

 岸田文雄首相は10日、株式売却益など金融所得への課税強化を先送りする意向を自民党本部で記者団に示した。これに先立つフジテレビ番組では、金融所得課税を「当面は触ることは考えていない」と明言。自民党総裁選では格差是正策の検討課題としていたが、株価の下落傾向や投資の冷え込み懸念を踏まえ、衆院選(19日公示、31日投開票)を前に軌道修正した格好だ。成長と分配の好循環に関し「成長なくして分配はない。まず成長をしっかり考えていく」と強調した。
 首相は4日の就任記者会見で、具体的な分配政策として「金融所得課税(の見直し)も考えてみる必要がある。さまざまな選択肢の一つ」と説明。総裁選の論戦でも、富裕層を含めて一律20%の税率を見直すことに前向きな見解を示していた。
 10日は党本部で記者団の質問に答え「分配政策の順番を考えた場合、まずは賃上げ税制、下請け対策、看護・介護・保育の公的価格の見直しから始めるべきだ」と述べた。番組では「そこばかり注目され、すぐやるんじゃないかとの誤解が広がっている。金融所得課税を考える前に行うことはいっぱいあると言っていた」と釈明した。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧