【詳報・第5回】久保木被告 最初の患者殺害「本当に申し訳ないが、ほっとした」 3人点滴中毒死

2021年10月11日 19時52分
 横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年に起きた点滴連続中毒死事件で、入院患者3人の点滴に消毒液を混入し、殺害した罪などに問われた元看護師久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判の第5回公判が11日午前10時から、横浜地裁(家令和典裁判長)で開かれる。弁護側の被告人質問で、久保木被告は何を語るのか-。

旧大口病院の点滴連続中毒死事件 起訴状によると、久保木被告は2016年9月15~19日ごろ、いずれも入院患者の興津朝江さん=当時(78)=と西川惣蔵さん=同(88)、八巻信雄さん=同(88)=の点滴に消毒液を混入して同16~20日ごろに殺害し、さらに殺害目的で同18~19日ごろ、点滴袋5個に消毒液を入れたとされる。


久保木愛弓被告


久保木被告が出廷

 9時58分ごろ、久保木被告が紺色のスーツ姿で入廷。弁護士に向かって2度ほど、うなずく仕草をした。

久保木被告「殺してやると声聞こえた」

 午前10時に開廷した。家令裁判長は「被告人質問に静かに耳を傾けたい」とし、傍聴人に休廷中以外の法廷からの出入りを控えるように要請した。 
 弁護人が、久保木被告への質問が始まる前に、留置中に医師から処方された薬や特異な言動についてまとめた証拠書類を朗読した。逮捕直後の2018年7月から21年9月にかけて、うつ病や統合失調症を治療する薬の処方を受けてきたと説明した。
 さらに特異な言動として、20年に居室内で扉を蹴り続けたと説明した。さらに同年12月28日には、居室内で右手に持った枕を扉に投げつけ、職員に制止されても「やめません」と言い、扉を右足で蹴り続けた。別の部屋で事情を聞かれると、「殺してやる。ここから出て行け」という声が聞こえ、不安になったと説明。部屋に戻る際には、「戻らない。戻っても私の居場所はない」といい窓の鉄格子を手でつかんだという。

「信頼される看護師になりたい」

 午前10時10分ごろ、弁護側による被告人質問が始まった。久保木被告は会釈をして、証言台に座った。家令裁判長から「マイクの方に向いて、落ち着いて、質問をよく聞いてからゆっくり答えて」と言われると、久保木被告は小さな声で「はい」と返事した。
弁護人 看護師になろうと思ったのはいつ?
被告  高校2年生のころです。
弁護人 きっかけは?
被告  手に職を付けたいと思っていたところ、母から「看護師は人に役に立てる仕事だから」と勧められました。
弁護人 福祉施設で体験実習をした?
被告  はい。
弁護人 どこで?
被告  老人ホームで行いました。はっきりした記憶はないですが、「ありがとう」と言われ、とてもうれしかったです。
弁護人 看護師、積極的になりたかった?
被告(10秒ほど沈黙し)強い気持ちがあったか分からないですが、信頼される看護師になりたいという気持ちはありました。患者に寄り添い、不安を和らげる手伝いができる素晴らしい仕事だと思いました。
▶次ページ 迷いながら看護師に「奨学金の返済必要だった」
前のページ

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧