山本太郎代表、立憲民主に言いたいことは?「恨み節を出すと思ったら大間違い」

2021年10月13日 21時01分
山本太郎氏

山本太郎氏

 次期衆院選の東京8区からの出馬を取りやめた、れいわ新選組の山本太郎代表が13日夜、街頭演説を行い、衆院選出馬について「やる気満々です」と語った。
 立候補する小選挙区については「どこから出るか、決まっていません。だってここ(東京8区)から出ないと言ったのはついこないだ。いくつかありますが、まだ言えない」と述べた。いつ決まるかについては「最悪は締め切りぎりぎりになるかも。でもそれよりも前に言いたい、それを目指していきたい」と語った。
 山本氏は記者から質問を受ける形で、街頭で演説。記者は「話を聞くと、立憲民主党と密にやり取りできてない気がする。こういう状況になったことで、立憲民主党に言いたいことはあるが?」と質問した。
 これに対し、山本氏は「目的は東京8区で石原伸晃さんを倒すという目的だけで生きているわけじゃない。目的は私たちの政策、消費税を廃止にしたいということを前に進めるためには、まず消費税5%に減税するという意志を持っている野党側が力を合わす」と強調。
 さらに「自分の選挙区が一回ダメになったから恨み節を出すと思ったら大間違い。そんな小っちゃなところで生きてない。目的がある」と語った。
衆院選2021
衆院選2021

PR情報

衆院選 東京の新着

記事一覧