さいたま市役所本庁舎 キッチンカー設置開始 平日ランチ帯

2019年10月4日 02時00分
 さいたま市役所本庁舎の敷地内の空き地で、ランチの時間帯に飲食物を販売する「キッチンカー」の設置が始まった=写真。平日開庁日の午前十一時~午後二時に毎日二台が営業する。
 市によると、空き地の有効活用と貸付料が市の収入になるため政令市で初めて導入した。市はキッチンカーの配車調整を行う仲介業者と契約し、貸付料は月約十五万円。十二月まで試行的に設置し、問題がなければ継続する。
 設置は九月三十日に始まり、三日目となった二日はビーフストロガノフとカレーを提供するキッチンカーが登場。正午前から市職員らが列を作った。入庁十二年目の女性職員(36)は「近くに店が少ないので、温かい昼食が毎日違うメニューで食べられるのは良い。来庁者や近隣の人にも利用してほしい」と話した。
 設置場所は正面玄関東側の空き地。毎日のメニューは、スマートフォンのアプリ「トランチ」で確認できる。 (藤原哲也)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧