宇都宮に多目的スペース開業 女子会や誕生会などに 平日午前中、1時間500円から

2021年10月14日 07時48分

ハロウィーン用に飾り付けたレンタルスペース=宇都宮市で

 宇都宮市江曽島本町に、時間制のレンタルスペース「シェアスぺAsian宇都宮」がオープンした。空き部屋などの有効活用に取り組んでいる「ミナミトラスト」が、雑居ビルの賃貸ルームの一室をリニューアルした。新型コロナウイルスの感染拡大で外出する機会が減る中でも、女子会、誕生会、映画鑑賞会など、親しい仲間たちと一緒にさまざまな場面で利用されている。(原田拓哉)
 広さ二十平方メートルで、ソファやテーブル、冷蔵庫、大型テレビが設置されているほか、各種ゲームなどもそろえてある。机といすなどがあるテレワーク用のレンタルスペースは、新型コロナ感染拡大を受けて宇都宮市内でも徐々に増えてきているが、さまざまな目的で使えるスペースは珍しいという。
 料金は平日午前中が一時間五百円からで、このほか維持費などがかかる。利用者は最大八人まで。簡単な調理器具や電子レンジ、たこ焼き器、ホットプレートなどもあり、料理を楽しむこともできる。これまで、マタニティーフォト撮影、誕生会などに利用されてきたという。
 ミナミトラスト代表の箕輪扶美子さんは「新型コロナウイルス感染症により自宅で過ごす時間が多くなりがちになっていたが、親しい人たちと一緒に過ごすことで気分転換につながればと、開設した。周辺は住宅地なので、ママ友も小さいお子さんと安心して楽しめる」と話している。インターネットの「スペースマーケット」のサイトから、利用の予約を申し込む。

関連キーワード


おすすめ情報

栃木の新着

記事一覧