岸田首相「厳粛な気持ち」、枝野氏「いよいよ戦いに」 衆院解散、コロナ下で初の大型国政選挙へ

2021年10月14日 13時48分
衆院が解散され、万歳三唱する岸田首相(上段中央)=14日午後1時3分、衆院本会議場で(共同)

衆院が解散され、万歳三唱する岸田首相(上段中央)=14日午後1時3分、衆院本会議場で(共同)

 衆院は14日午後の本会議で解散された。政府は今夕の臨時閣議で衆院選日程を「19日公示、31日投開票」と決定。夜には岸田文雄首相が記者会見に臨む。政府の新型コロナウイルス対策や今後の経済政策が争点となるほか、9年近く続いた安倍、菅両政権の政治姿勢も問われそうだ。首相は成長と分配の好循環による「新しい資本主義」を掲げる。野党は先の自民党総裁選で格差是正を主張しながら、富裕層中心の金融所得課税強化を先送りした首相の判断を問う。21日の衆院議員任期満了を越えての衆院選は現憲法下で初。
 首相就任から10日後の衆院解散と、解散から17日後の投開票はいずれも戦後最短。コロナ下で初の大型国政選挙となる。
 首相は14日午後、衆院解散後、国会内での自民党幹部へのあいさつ回りで「これから厳しい戦いが控えている。ぜひ力を合わせて全力で戦い抜きたい」と述べた。立憲民主党の枝野幸男代表は「いよいよ戦いに入る。後手後手の新型コロナウイルス対策など自民党は変われない。政権そのものを代えないといけない」と国会内で語った。 (共同)

PR情報

政治の新着

記事一覧