投票に行こう 衆院選、社会をつくり直す機会 政治部長・高山晶一

2021年10月15日 06時00分
解散が告げられ、万歳三唱する与野党の議員=国会で

解散が告げられ、万歳三唱する与野党の議員=国会で

 衆院選は政権選択選挙と呼ばれるが、目指す社会を選ぶ選挙とも言い換えられる。与野党が、どういう社会をつくるかを公約で明示し、どちらがいいかを私たちの投票で決める作業だ。
 大きな対立軸に「分配」がある。岸田文雄首相の言葉を裏から読めば、これまで日本社会は大企業を後押しして経済成長を目指すことが優先され、国民への富の分配は後回しだった。首相は結局、従来と同じように「まずは成長を目指す」と訴えるが、野党第1党の立憲民主党は「分配が出発点」と主張。どちらにするかを、私たちが選ぶのだ。
 多様性も争点だ。選択的夫婦別姓の導入には自民党が消極的なのに対し、立民は早期実現を訴える。本紙の選挙報道も、これらの対立軸を重視していく。
 私たちが選択に当たって留意したいのは、忘れてしまいがちな過去の出来事だ。例えば新型コロナウイルス対応。今でこそ沈静化傾向が続くが、医療崩壊で多くの人たちが入院できずに亡くなったことを忘れてはならない。緊急事態宣言下で東京五輪・パラリンピックを開催した判断も論議を呼んだ。首相が交代しても、政権与党はやってきたことの責任が問われる。
 「桜を見る会」に安倍晋三首相(当時)の支持者が大勢招かれた問題、菅義偉首相(同)の長男が勤める会社による総務省接待問題、日本学術会議の任命拒否問題―。まだ国民の審判を受けていない問題は多い。
 4年ぶりに実施される衆院選は、さまざまなことを問い直し、社会を一からつくり直す久しぶりの機会だ。投票に行かなければ、何も変えることはできない。

PR情報

政治の新着

記事一覧