船橋を音楽で元気に あす、42組の動画披露

2021年10月16日 07時31分

「ふなばしミュージックストリート」のポスターを手にPRする小松優一さん(中)と浜津美穂さん(左)ら=船橋市で

 「船橋をもっと元気に」を掲げ、ミュージシャンらがパフォーマンスを披露する「ふなばしミュージックストリート」が17日に行われる。新型コロナウイルス対策で、42組、計129人の演奏動画を事前収録しており、四つのチャンネルで配信。「MCチャンネル」では、実行委員長で市内在住のシンガー・ソングライター小松優一さん(36)らが司会者役で生配信する。
 出演するのは、応募のあった81組から選ばれた音楽40組とダンスパフォーマンス2組。県内のほか首都圏各地で活動するアマチュアやプロのミュージシャンで、ポップスやロック、ジャズなどを披露する。ゴスペルコンテスト・ボーカル部門で日本一になった女子高生らも出演する。
 8回目となった今回のコンセプトは「立ち上がれミュージックパワー!」。小松さんや実行委宣伝部長の浜津美穂さん(31)は「コロナ禍で音楽活動がなかなかできない中、音楽の魅力を伝えたい」と話している。
 当日は午前11時〜午後5時ごろに配信され、「ふなばしミュージックストリート」のホームページからアクセスできる。オリジナルTシャツなどのグッズも販売される。(保母哲)

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧