衆院選 解散から一夜明け 著名な仲間の応援受ける 千葉1区

2021年10月16日 07時34分

立候補予定者の演説に耳を傾ける人たち(一部画像処理)=千葉市美浜区で

 1区は、自民前職の門山宏哲さん(57)と立民前職の田嶋要さん(60)の一騎打ちとなる公算が大きい。
 十五日夕方、千葉市美浜区のJR稲毛海岸駅前で、門山さんは、応援に駆けつけた片山さつき党総務会長代理とともにマイクを握った。門山さんは集まった約六十人を前に「最大の争点は新型コロナ対策」と訴え、経口薬承認推進や財政出動による飲食業者らへの支援充実を約束。野党共闘の動きも念頭に「豊かな社会を未来に引き継げるのは自公連立政権だ」と訴えた。
 片山さんは「1区は激戦が予想され、最も重要」と強調。「門山さんを絶対に落としてはいけない。そのために皆さんの力が必要だ」と声を張った。
 同じ頃、同区のJR海浜幕張駅では、田嶋さんが立民の蓮舫代表代行と街頭演説に立った。
 田嶋さんは「政治のリーダーがしっかりしないと自分たちの暮らしが危なくなる。千葉市も千葉県もリーダーが代わった。日本も変えなければいけない」と政権交代の必要性を訴えた。蓮舫さんは、菅義偉前首相の辞任を引き合いに「リーダー一人支えられず、何をやってくれるのか。総選挙では私たちを選んでください」と声を張り上げ、集まった高校生や会社員など約三百人を前に、支持を呼び掛けた。

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧