[自然の神様] 静岡県袋井市 大石尚代(49)

2021年10月17日 07時41分

◆わたしの絵本

イラスト・まここっと

◆300文字小説 川又千秋監修
[マスクの下の笑顔] 岐阜県高山市・中学生・14歳 丸山翠月

 「おはよう」
 「うん、おはよう」
 いつもの教室で、友だちとあいさつを交わす。
 見えているのは目元だけ。給食以外で、学校でマスクを外せることは、もう、ほとんどない。
 でも、目元だけ見ていて、みんな小学校の頃からあんまり変わってないなあ、と思っていた。
 ある日の体育の時間。外で走るからマスクを外していいことになった。
 マスクを取り、ふと隣の友だちを見て…私は息を呑(の)んだ。
 二年前の記憶より、その顔はずっと大人びていた。
 友だちは私の視線に気付き、にこっと微笑(ほほえ)む。私は慌てて視線を外した。
 この笑顔が見られたのも、マスク生活だったからかな。
 私は思い、スタートの合図で土を蹴った。

<評> このような時代だからこそ、何げない瞬間にもたらされた、若々しい“気づき”。マスクで隠された年月は、決して無駄ではありません。明日に向かって駆け出すラストの一行が、とても印象的です。

[鼻先に秋] 東京都足立区・主婦・41歳 小野史

 窓を開けると、ほのかに甘く優しい香りがする。
 金木犀(きんもくせい)だろうか。
 答え合わせをするべく、近所をぐるりと回ってみれば、あった、あった!
 道路に面した庭先に、オレンジ色の小花がちらほら咲いている。
 マスク生活が続き、三密を避け、人と会話する際には距離を取るべくソーシャルディスタンスが叫ばれて久しいが、こんなふうに、美しい花の香りでつながれることにホッとする。
 四季の移ろいを感じ、どっぷり今に浸るゆとりが大切だ。
 そっとまぶたを閉じて、誰にも何にも邪魔されず、思いつくままに一句詠んでみる。
 さあ!
 今朝も窓を開け放して、柔らかい風を全身で受け止めよう。

<評> この作品も、うっとうしい日常を背景とした新鮮な“気づき”がテーマ。風が運んできた季節の香りに包まれながら、さあ! みんなで晴れ晴れと深呼吸できるまで、もうしばらく、がんばりましょう。

関連キーワード


おすすめ情報