おかしじゃなくて…反射材あげるね ハロウィーンにちなみ仮装の子どもたちが配布 高齢者らに、浦和東署

2021年10月19日 07時35分

ハロウィーンの仮装をして反射材を配る子どもら=浦和東署で

 今月末のハロウィーンに合わせ、浦和東署で14日、仮装した子どもたちが高齢者らに反射材を配った。
 児童発達支援事業所「こども未来支援 みらいのボクら」(さいたま市緑区)に通う2〜5歳児の5人が参加。カラフルなとんがり帽子をかぶり、免許更新などで来署した人たちにストラップ型の反射材を配ったり、かばんに付けてあげたりした。
 県警によると、県内の交通事故死者数は17日現在で93人(前年同期比10人増)と増加傾向。うち65歳以上が53人と6割近くを占める。
 担当者は「これから日が短くなると、歩行者の事故が増える傾向がある。明るい服装や反射材の着用を意識してほしい」と呼び掛ける。(杉原雄介)

関連キーワード


おすすめ情報