<テークアウト グルメ>sakana bacca豪徳寺(招福ちらし)

2021年10月19日 07時31分

◆魚屋さん一押し8種

 さわやかな海を思わせるブルー&ホワイトの外観が印象的。マルシェ(フランス語で市場の意)をイメージしたおしゃれな魚屋さん「sakana bacca(サカナバッカ)」の都内7店舗目=写真(上)=が、小田急線豪徳寺駅近くに今年7月オープンした。
 同店限定で販売しているのが「招福ちらし」=同(下)=1080円。豪徳寺が招き猫発祥の地といわれるのにちなみ、縁起の良いネタを「末広がり」にかけて8種類盛り合わせた。マダイ、フグ、エビ、出世魚のスズキ、本マグロやサケなどが彩りよく酢飯を覆う。ここでさばいた魚は間違いなく新鮮。値段も手ごろで、売れ行きナンバーワンだ。
 「sakana bacca」は、日本の豊かな「魚食」文化を一般に広く伝えたい思いから、減少の一途である魚屋さんをモダンに“アップデート”。魚を知り、体験できる店作りを目指している。外からでも魚をさばく様子が見られたり、東京ではあまり流通していない魚種も産地から仕入れ、オンライン販売も活用するなど、魚離れの進む若い層も含めた幅広い世代が興味を持てる工夫を施している。
 取材日には、タイやイトヨリ、シイラなどと並んでコバンザメも販売されていた。「え?これがあの?」と驚く魚種にたびたび出合える。スタッフも気軽に答えてくれるので、お弁当を買うついでに魚のお勉強もしてみよう。 (さりあ)
 世田谷区豪徳寺1の23の14 メゾン園田。11〜19時(土曜日は10時から)。不定休。(電)03・6413・7350

関連キーワード


おすすめ情報

動画の新着

記事一覧