衆院選きょう公示 県選管準備万端

2021年10月19日 07時54分

立候補受け付けの手順を確認する県職員=県庁で

 衆院選が十九日に公示されるのを前に、県選挙管理委員会は十八日、県内小選挙区の立候補受け付け会場となる県庁九階の講堂で、業務を担当する県職員約六十人が手順を確認するリハーサルを実施した。
 堤谷聡嗣書記長(県市町村課長)が冒頭、「本番と同じ緊張感をもって正確でスムーズな対応を心掛けてほしい」とあいさつ。職員らは受け付け役と立候補する陣営役に分かれ、くじによる届け出番号の決め方のほか、選挙運動用の腕章や事務所の表札といった「七つ道具」やポスターに貼る証紙などを交付する段取りを、当日の時間割に合わせて確かめていた。
 小選挙区の立候補は十九日午前八時半〜午後五時に受け付ける。(長崎高大)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧