衆院選 群馬4区の立候補予定者 ユーチューブで公開討論会

2021年10月19日 08時05分

討論会で意見を交わす福田さんと角倉さん(左)

 衆院選を前に群馬4区の立候補予定者二人による公開討論会が十七日、高崎市内で開かれた。高崎青年会議所と藤岡青年会議所の主催。自民前職の福田達夫さん(54)と立憲民主新人の角倉邦良さん(61)が出席し、コロナ禍の財政や税制、医療、教育などをテーマに意見を交わした。
 討論会は新型コロナウイルスの感染対策のため、会場に観客は入れずに動画サイトのユーチューブで配信した。
 財政、税制改革について、角倉さんは「暮らしの立て直しを最優先すべきだ」として消費税を5%に引き下げ、年収一千万円以下の人に対する一年間の所得税ゼロなどを挙げた。「成長があっても分配がなかったから格差の社会になった。内需拡大、需要の喚起にシフトしていくことが最重要」と訴えた。
 福田さんは「まずはコロナで痛んでいる経済状況をしっかり手当てするのが第一」とした上で、「世界では産業転換が起こっている。痛んでいない産業には戦略的な投資をやっていかないといけない」と強調。「痛んでいるところの手当てをしながら、攻めをしっかりやっていくことが大事」と主張した。(安永陽祐)
衆院選2021
衆院選2021

関連キーワード


おすすめ情報

衆院選 群馬の新着

記事一覧