国内唯一の母乳バンクが1周年 小さな赤ちゃん200人にミルクを届ける

2021年10月20日 10時15分
 母から授乳を受けられない早産の赤ちゃんに、寄付を受け安全に処理された母乳(ドナーミルク)を届ける「日本橋 母乳バンク」が東京都内にオープンして1年が経過した。現在国内唯一のバンクはこれまで、200人以上の小さな新生児にミルクを提供してきた。保護者や医療関係者からは母乳バンクへの感謝の声が上がる。(増井のぞみ)

 冷凍庫に保存された出荷前のドナーミルク=東京都中央区の「日本橋 母乳バンク」で(ピジョン提供)

 「日本橋 母乳バンク」は昨年9月、医療関係者有志らでつくる一般社団法人「日本母乳バンク協会」が東京・日本橋にある育児用品メーカー「ピジョン」本社内に開設した。寄付された母乳を低温殺菌して冷凍保管し、提携する病院の新生児集中治療室(NICU)へ発送する。
 提供対象は早産などで1500グラム未満で生まれ、死別や新型コロナ感染などにより授乳を受けられなかったり、母の母乳が十分に出なかったりする赤ちゃん。今年8月末までの1年間で計217人にドナーミルク445リットルを届けた。
 2014年には国内初の母乳バンクが昭和大江東豊洲病院(江東区)でサービスを始めた。ただ、今年3月に新型コロナの影響で閉鎖。唯一のバンクとなった「日本橋 母乳バンク」はパート職員を増やすなどして人員体制を強化し、現在は10人が業務に当たる。
 母乳は消化しやすい形の栄養素や、病原体から体を守る免疫成分を含む。同協会によると、早産の赤ちゃんの命に関わる壊死性腸炎にかかるリスクを人工乳の約3分の1に下げる。

 「日本橋 母乳バンク」1周年記念イベントにオンライン参加した女児(右)と父親=ピジョン提供

 9月末にはピジョン本社で1周年を祝うイベントが開かれ、ドナーミルクで育てられた関西在住の1歳5カ月の女の子と父親、医師がオンラインで参加した。
 母親はがんを患っており、北野病院(大阪市)で妊娠24週に帝王切開で528グラムの女児を出産。6日目に亡くなった。「めいちゃん」という愛称の女児は9日目から約3カ月間、昭和大病院の母乳バンクから送られたドナーミルクを飲んで育った。北野病院NICUの水本洋医師は「順調にミルクを増量してわずか1週間後に点滴栄養を卒業できたのは、ドナーミルクのおかげ」と振り返った。

 生後9日目にドナーミルクを飲み始めた女児=北野病院提供

 女児は生後半年ほどで退院してからも健やかに成長し、室内では父の後を元気に追いかけているという。父親は「善意で母乳を提供してくださったお母さんに感謝しています」と笑顔で話した。
 国内では現在、母乳を寄付するために検診を受けてドナー登録できるのは17カ所の医療機関に限られる。同協会代表理事で小児科医の水野克己・昭和大教授はこうした現状を念頭に「まずは登録施設を増やすのが課題。日本全体で小さな命を守っていく活動を続けていきたい」と抱負を語った。

関連キーワード


おすすめ情報