<新型コロナ>神奈川県内で新たに24人感染、3人死亡

2021年10月22日 19時17分
 神奈川県内で22日、新型コロナウイルスに感染した60~80代の男女3人の死亡と、新たに24人の感染が明らかになった。県と3市の保健当局が発表した。
 横浜市は60代女性と70代男性の死亡を発表した。女性は9月7日に発熱し、13日に基礎疾患の濾胞性リンパ腫の定期受診をした際に陽性と判明。同日入院したが悪化し、10月17日に死亡した。ワクチンは2回接種済み。男性は8月18日に自宅で倒れ、救急搬送先で陽性と判明。10月14日に死亡した。ワクチンは1回接種を終えたところだった。新たな感染は13人。牧野記念病院(緑区)で患者2人と職員1人が陽性になり、クラスターは45人になった。
 県は、横浜市の80代女性の死亡を発表した。誤嚥性肺炎で入院していた九月22日に同室の患者が陽性と判明し、女性も感染が分かった。中等症で転院し治療していたが、10月21日に亡くなった。ワクチンは接種していなかった。新たな感染は1人。
 川崎市は6人、相模原市は4人の感染を発表した。

おすすめ情報

新型コロナの新着

記事一覧