<新型コロナ>千代田区の新規感染者と療養者 昨年3月以来のゼロ

2021年10月23日 07時09分
東京都心

東京都心

 千代田区は二十二日、新型コロナウイルスに新たに感染した区民や、病院や自宅などで療養中の区民がゼロになったと発表した。昨年三月下旬に区内で一人目の感染者が出て以降、区民の新規感染者と療養者がゼロになるのは初めて。
 区の人口は六万七千人と都内では少ないが、保健所や医療機関の負担が以前より軽減されつつある。原田美江子・区保健所長は急激に感染者が減った理由を「ワクチン接種が進み、感染の危険がある場面の理解も進んだため」と推察した。
 一方、年末にかけて再流行する可能性に触れ「一日の発生届が十件あれば流行が来て、二十件なら急激に増える。そうなったら病床を空けてもらうようお願いする」と目安を示した。区民の累計感染者は十八日現在で千五百九十四人。療養者が一番多かったのは八月上〜中旬で、百二十人前後で推移した。(井上靖史)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧