衆院選 高校生ら投票所立会人 那須塩原市選管 30人決まる

2021年10月23日 08時05分
 若い世代に選挙を身近に感じてもらおうと、栃木県那須塩原市選挙管理委員会が十八歳以上二十五歳未満を対象に衆院選の投票所立会人を募集したところ、三十六人の応募があった。
 市選管によると、選挙の日程が決まり、高校三年生二十一人、大学生九人の計三十人が、三十一日の投票日に市内四十三投票所のいずれかで、立会人として従事することになった。報酬は一万九百円。
 市選管の担当者は「学校にも働き掛け、多くの若者の参加が得られた」と話している。(小川直人)

関連キーワード


おすすめ情報

栃木の新着

記事一覧