山手線一部、2日間運休 54万人に影響見込み 渋谷駅ホーム工事で内回り

2021年10月23日 10時56分
JR渋谷駅で作業が進む山手線内回りのホーム拡幅工事。右は外回りの電車=23日午前

JR渋谷駅で作業が進む山手線内回りのホーム拡幅工事。右は外回りの電車=23日午前

 JR渋谷駅で23日未明、山手線内回りのホームを拡幅するため線路を切り替える工事が始まった。23日始発から24日終電まで、渋谷を挟む内回りの池袋―大崎間を運休する。JR東日本によると、線路切り替えに伴う山手線の運転見合わせでは同社発足後最長。計54万人に影響する見込みで、新型コロナウイルス禍前の利用状況で推計すると86万5千人に上る。
 JR東は23日午前、工事現場を報道陣に公開。工事後はホーム幅が約5メートル広くなる。さらに今後、外回りの線路切り替えとホームの再拡幅工事を予定。完了すれば、現在は2つに分かれている外回りと内回りのホームが一体化する。電車を乗り降りする人の混雑緩和や乗り換えの利便性向上につながるとしている。
 今回の工事中、内回りは大崎―東京―池袋間のみ運行。本数を約3割に減らし、日中は約10分に1本の間隔で運転する。外回りの運休区間はないが、大崎―渋谷―池袋間で本数を約6割にする。
 対策として、埼京線・りんかい線の増発や、貨物線を使う臨時列車を走らせ、地下鉄や私鉄への振り替え輸送の利用も呼び掛けている。25日は始発から平常通り運転する予定。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧