講談師の神田松鯉さん 浅草芸能大賞に 奨励賞に中村七之助さん 来年2月に授賞式

2021年10月24日 07時21分

大賞の神田松鯉さん=いずれも台東区芸術文化財団提供

 台東区芸術文化財団は二十日、東京を中心に大衆芸能で活躍する人を表彰する「第三十八回浅草芸能大賞」の受賞者を発表した。大賞は講談師の神田松鯉(しょうり)さん(79)。奨励賞には歌舞伎俳優の中村七之助さん(38)、新人賞には落語家の春風亭ぴっかり☆さんがそれぞれ選ばれた。
 松鯉さんは長年にわたり長編連続講談の復活、継承に携わり、現在は古典講談の保存と後進の育成に取り組む。二〇一九年に国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
 七之助さんは女形の大役で高く評価され、次代の歌舞伎界を担う存在として注目されている。映画やテレビドラマでも活躍する。

奨励賞の中村七之助さん

 ぴっかり☆さんは〇六年に春風亭小朝さんに入門した若手女性落語家で、来春に真打ちに昇進予定。女優としても活動の場を広げる。

新人賞の春風亭ぴっかり☆さん

 受賞者は、公募で選ばれた区民審査員による推薦を元に、能楽研究者や演芸評論家ら八人で構成する専門審査委員会が決定した。授賞式は来年二月六日、浅草公会堂で開かれる。(太田理英子)

関連キーワード


おすすめ情報