コロナ禍の育児 孤独や悩み「一人じゃないよ」 ママ友バンド「音ごはん」歌のエール 30日、板橋でワンマンライブ

2021年10月24日 07時22分

もともとこさん(中)など、音ごはんのメンバーたち=音ごはん提供

 板橋区赤塚地区の母親らによる子育て応援バンド「音ごはん」が三十日午後二時から、「音ごはんワンマンライブ ママが泣ける日2021」を成増アクトホール(成増三)で開く。コロナ禍で孤独や悩みを抱える母親たちに「一人じゃない」との思いを届ける。
 音ごはんは二〇一四年、ママ友達が結成。ギターやドラムに合わせてしゃもじをふりながら歌うスタイルで、地域の催しや学校などで活躍してきた。
 今年はさらに、四十代前後のアイドルが集結する「アラフォーアイドル輝けプロジェクト!」に参加。六日には音楽家のつんく♂さんプロデュースの曲「All Together限界超えよ!」で、同プロジェクトの一員として、メジャーデビューした。
 これまでに作ったのは二十三曲。今年春には、育児女性の社会復帰を支援する市民団体「マム・スマイル」(同区)と、「Mam smile,Your smile」を作り、動画配信サイトのユーチューブなどで発表した。「できなくたっていいんだよ 完璧なんていらないよ じゅうぶんだよほどほどにできれば」の歌詞を心地よいメロディーに乗せ、家事や育児に疲弊し頑張り過ぎてしまう母親たちに「楽しく生きていいよ」と呼び掛ける。
 ライブは一五年から毎年、「ママの気持ちが開放される日にしよう」と開いてきた。今回は両曲など約二十曲を披露する。リーダーでボーカルのもともとこさん(46)は「コロナ禍は友達と愚痴を言い合ったり、慰め合ったりすることが難しく、孤独を感じやすいが、みんなの思いはつながっていると伝えたい」と話す。
 会場はベビーカーや車いすでも入場でき、感染対策も徹底する。入場料は高校生以上三千円、小中学生千円、障害者手帳を持っている人は無料。ライブ映像の後日配信も二千円で利用できる。
 ライブの問い合わせは、音ごはん=otogohanproject@gmail.com=へ。(中村真暁)

関連キーワード


おすすめ情報