「安全が一番」原動力 タスクミストレス(大田区)・蓑原眞理社長<リーダーズ>

2021年10月24日 07時27分
 「安全のために、窓ガラスに貼るフィルムの役割を知ってほしい」と話すのは蓑原眞理社長(61)。窓が破られにくい防犯効果や災害時の飛散防止、省エネなど、さまざまなフィルムの施工を手がけている。
 「自分に厳しく、誠実でありたい」との決意で二〇〇五年に起業し、「女性の鬼監督」を意味する英語を社名にした。自らに課しているのは一日一回の反省だ。「言いすぎちゃったな、とか。反省できない日もあるんですけどね」
 経理も営業もこなす多忙な日々だが、業界団体の役員や地元にある田園調布福徳商店街の専務理事、警察署の防犯活動などにも参加。地域の一員として「やっぱり安全が一番」との願いが原動力になっている。

関連キーワード


おすすめ情報