茨城県、期日前投票15万7873人 公示後5日間 前回比で1・5倍

2021年10月26日 07時18分
 茨城県選挙管理委員会は二十五日、衆院選の期日前投票の中間状況を発表した。公示翌日の二十日から二十四日までの五日間で、投票者数は十五万七千八百七十三人、投票率は6・52%となっている。二〇一七年十月の前回衆院選の同じ期間は、投票者数が十万八千百四十四人、投票率が4・41%で、いずれも一・五倍近くに増加した。
 県選管は「制度が定着してきたことに加え、新型コロナウイルス対策で密を避けるため早めの投票を呼び掛けていることが影響したのでは」とみている。
 選挙区別の投票率は、茨城5区の8・07%が最も高く、2区の5・73%が最低。1区は6・29%、3区は6・20%、4区は7・35%、6区は6・63%、7区は6・03%で、全選挙区とも前回を上回っている。
 期日前投票は三十日まで。(長崎高大)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧