【全文】小室眞子さん「圭さんはかけがえのない存在」 圭さん「愛しております」 結婚会見

2021年10月26日 15時17分

結婚し、記者会見に臨む小室圭さんと眞子さん=26日午後2時、東京都内のホテルで(代表撮影)

 結婚で皇室を離れた小室眞子さん(30)と夫の圭さん(30)が26日、都内で記者会見した。眞子さんは「私にとって圭さんはかけがえのない存在です。自分たちの心を大切に守りながら生きて行くために必要な選択でした」と語った。
 圭さんは「私は眞子さんを愛しております」とあいさつした。
 眞子さんは薄い水色のワンピース、圭さんは濃紺のネクタイにスーツ姿。会場に入ると声を合わせて「どうぞよろしくお願い申し上げます」とあいさつした。この後、2人は用意した紙を交互に読み上げた。
 2人のあいさつの後、報道各社から事前に受け付けた質問に対し、文書で回答した。
 2人のあいさつは次の通り。

小室圭さんと結婚した眞子さんの左手薬指につけられた指輪(代表撮影)


小室眞子さん、あいさつ
 現在、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、 大変な思いをされている多くの方々に お見舞いを申し上げます。
 そして困難の中にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々に深く感謝申し上げます。
 本日、皆様にお伝えしたいことがあるため、このような場を設けました。
 私が皇族として過ごしてきた中で抱いてきた感謝の気持ち、私たちの結婚を心配し、応援してくださった方々への感謝、これまでの出来事の中で私たちが感じてきたことや、結婚への思いなどについてお話したいと思います。
 これまでお優しいお導きのもと、皇族としての仕事を自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました。
 この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました。心を込めて私と一緒に仕事をしてくださった方々に、心から感謝申し上げます。
 訪問した先々では、たくさんの方々が優しい言葉と笑顔で迎えてくださいました。直接お目にかかる機会のあった方も、お目にかかることのなかった方も、私にあたたかい気持ちを向けてくださった全ての方々に、心から感謝申し上げます。
 数々の出会いが私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことができそうにありません。これは今後も決して変わらない思いです。
 私と圭さんの結婚について、さまざまな考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には、大変申し訳なく思っております。また、私のことを思い、静かに心配してくださった方々や、事実に基づかない情報に惑わされず、私の圭さんを変わらずに応援してくださった方に感謝しております。
 私にとって圭さんはかけがえのない存在です。そして私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きて行くために必要な選択でした。
小室圭さん
 私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人と共に過ごしたいと思っています。これまで幸せな時もそうでない時も、さまざまな気持ちを2人で分かち合い、励ましあってきました。この度の結婚に関してご迷惑をおかけしてしまった方には、大変申し訳なく思っております。
 いろいろなことがありましたが、眞子さんと一緒に人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは、眞子さんと、これまで周りで私たちを支えてくださった方々のおかげです。心から感謝申し上げます。
次ページ 眞子さん、圭さんあいさつ 金銭問題で見解
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧