東京都の小池知事が入院 6月と同様に疲労が理由

2021年10月27日 21時28分
小池百合子知事

小池百合子知事

 東京都は27日夜、小池百合子知事(69)が過度の疲労のために入院したと発表した。「1週間程度の静養が必要」としている。職務代理第1位の武市敬副知事が代理を務める。
 小池知事は、前日の26日には庁内で実施された表彰式に出席するなどしたが、この日はテレワークとして登庁しなかった。
 都は詳しい体調を明らかにしていないが、「病気による治療や療養ではなく静養」としている。最近の記者会見などではせき込む姿が目立っていた。
 小池知事は6月にも過労を理由に9日間入院していた。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧