維新候補が新型コロナ感染「事務所内にクラスター」 衆院選東京5区

2021年10月28日 11時30分
田淵正文氏

田淵正文氏

 衆院選東京5区に日本維新の会から立候補している医師の田淵正文氏(63)は28日、新型コロナウイルスに感染したことを自身のフェイスブックで明らかにした。公示後に候補者の感染が判明したのは初めてとみられる。現在は入院中といい、取材にメールで「事務所内(のスタッフ)に5、6人のクラスター(感染者集団)が発生した」と回答した。
 田淵氏のフェイスブックなどによると、23日にスタッフの感染が判明。田淵氏はこのスタッフと行動を共にしていたといい、その後に自身の感染も判明した。
 田淵氏の陣営には公示後、維新の松井一郎代表らが相次いで応援演説に入った。田淵氏はメールで、いずれも濃厚接触者には当たらないと保健所が判断したと説明。今後の選挙活動について「当面は感染の広がらない形に限定する」とした。
 田淵氏は内科医で、院長を務める東京都目黒区のクリニックでは新型コロナ患者の診察にあたっていた。
 東京5区には自民党の若宮健嗣氏(60)と立憲民主党の手塚仁雄氏(55)も立候補している。(共同)

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧