衆院選 投票率向上へ「選挙割」 投票済証明書を持参 高崎の百貨店、館林のスーパーで

2021年10月29日 07時07分
 衆院選の投開票を三十一日に控え、群馬県内の百貨店やスーパーなどが、投票済証明書を持参すると割引を受けられる「選挙割」サービスなどを打ち出し、投票を呼び掛けている。
 高崎市の高崎高島屋は公示翌日の二十日から選挙割を始めた。期日前投票を含め、投票済証明書か投票所で撮影した画像を店頭で提示すると地下一階対象売り場の食料品を10%引きにする。六階のレストラン街では対象店舗で食事するとソフトドリンクを一杯サービスする。期間は十一月一日まで。同社は二〇一九年七月の知事選と参院選に合わせて初めて選挙割を行い、パンや総菜などの割引が好評だったという。
 スーパー「とりせん」(本社・館林市)も館林市内の三店舗に限り、同市の投票所で交付された投票済証明書を提示すると酒類など一部商品を除いて5%引きにする。十一月三日まで。とりせんの担当者は「投票に行くきっかけになってほしい。投票後に来店してもらえれば」と期待する。
 ショッピングセンター「アゼリアモール」(同市)ではモールのテナント五十二店で、同市選管の投票済証明書提示で商品割引や粗品プレゼントなどの特典がある。今月三十一日まで。
 選挙割を運営し、ルールや方法などを助言する一般社団法人選挙割協会(佐藤章太郎代表理事)によると、選挙割は特定の候補や政治的主張を伴わないことが原則で公選法順守が大前提。
 佐藤代表理事は「若者など幅広い世代の社会参加意識向上のきっかけになってほしい」と話した。(石井宏昌)
衆院選2021
衆院選2021

関連キーワード


おすすめ情報

衆院選 群馬の新着

記事一覧