東京都、コロナ感染者4065人集計ミス 過去最多は5908人に更新

2021年10月29日 22時03分
東京都庁

東京都庁

 東京都は29日、新型コロナウイルス感染者の計上ミスが4月から10月にかけてあり、実際よりも4065人少なく公表していたと発表した。このうち死者は9人。第5波のピークは8月13日に5773人だったが、今回の修正で135人多い5908人となった。感染者の累計は38万1610人となった。
 ミスは4月2日~10月2日に発生。患者の計上漏れと、同じ患者を二重計上していたケースがあった。これにより新たに公表されたのは計4512人で、二重計上で削除する患者が447人。
 月別で計上漏れが最も多かったのは8月。総数は全体の85%に当たる3815人に上り、1日平均では123人に達した。月内最多は11日の228人。
 漏れの原因は①保健所が感染者管理システム(ハーシス)で患者発生を都に届け出る際、システム上で確認ボタンを押さなければならないが、この手順を行っていなかった②都が、保健所から届け出された内容に不備があったとして計上を保留していた―としている。①が3分の2を占めていた。
 二重計上の患者は、今回の計上漏れを調査している中で判明した。
 都福祉保健局は「災害級の状態の中、保健所は患者対応を優先し、都も日々の対応で精いっぱいだった」と釈明。患者の対応については「発生届とは別なので、適切に行われていた」としている。(小倉貞俊、加藤健太)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧