小室圭さん、米ニューヨーク州の弁護士試験に不合格 来年2月に再挑戦へ

2021年10月30日 21時13分
ニューヨーク州司法試験委員会の公式サイト

ニューヨーク州司法試験委員会の公式サイト

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)が受験した米ニューヨーク州の弁護士試験について、小室さんの結果が不合格だったことが30日、分かった。同州の試験は来年2月にも実施される予定。出願期間は、今年11月1日から30日までとなっており、小室さんは再挑戦するとみられる。
 小室さんは今年7月、同州の試験を受験。その結果が日本時間の今月29日夜に州の司法試験委員会のホームページで発表されたが、掲載された合格者の中に小室さんの名前の記載がなかった。
 小室さんは2018年8月に同州のフォーダム大ロースクールに留学するため渡米し、今年5月に卒業。米国5カ所にオフィスを構え弁護士350人以上が所属する法律事務所に「法律事務員」として勤務している。
 2人は26日の結婚以降、東京都渋谷区のマンションに一時滞在し、米国での新生活に向けた準備を進めている。関係者によると、小室さんは仕事の関係で先に米国へ戻り、その後、眞子さんが渡米する見通しという。
(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧