【衆院選詳報】自民は261議席、甘利幹事長は辞意 立民は96議席、維新は躍進の41議席

2021年11月1日 11時00分
 第49回衆院選は1日未明、全465議席が確定した。自民党は追加公認2人を含め公示前より議席を15減らしたものの、公明党、与党系無所属と合わせて計294議席となり、国会運営を主導できる絶対安定多数(261)を上回った。共同通信によると、独自集計した小選挙区の投票率は、戦後3番目に低い55・93%となった。東京8区で敗北した自民党の石原伸晃元幹事長は比例東京ブロックで復活できず、落選が確実になった。また、甘利明・自民党幹事長は神奈川13区での敗北を受け、幹事長を辞任する意向を岸田文雄総裁(首相)に伝えた。現役幹事長が小選挙区で敗れるのは極めて異例で、岸田政権にとって大きな打撃となる。(デジタル編集部)

(上段左から)自民党の岸田文雄総裁、立憲民主党の枝野幸男代表、公明党の山口那津男代表、共産党の志位和夫委員長、日本維新の会・松井一郎代表(下段左から)国民民主党の玉木雄一郎代表、れいわ新選組の山本太郎代表、社民党の福島瑞穂党首、NHK党の立花孝志党首

◆5:05 全議席が確定

 比例代表の議席が決定。小選挙区を含む各党の獲得議席(追加公認含む)は自民261、立民96、維新41、公明32、国民11、共産10、れいわ3、社民1、無所属10で確定した。公示前との比較では、自民が17減、立民が14減、維新が30増、公明が3増、国民が3増、共産が2減、れいわは2増、社民は同数を維持し、公示前に1議席あった「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は議席を得られなかった。

◆3:30 れいわ・多ケ谷亮氏が当選確実

 れいわ新選組は比例南関東ブロックで1議席を獲得し、千葉11区で敗れた多ケ谷亮氏の復活当選が確実になった。れいわの議席獲得は、山本太郎代表に続き2議席目。

◆2:45 立民・辻元氏の落選確実

 立憲民主党の辻元清美副代表は比例近畿ブロックで復活できず、落選が確実になった。

◆2:25 自民・石原元幹事長の落選確実

 自民党の石原伸晃元幹事長は比例東京ブロックで復活できず、落選が確実になった。

◆1:05 れいわ・山本太郎代表が当選確実

 れいわ新選組は比例東京ブロックで1議席を獲得し、山本太郎代表の当選が確実になった。

◆0:55 自民・甘利幹事長の敗北確実

 神奈川13区(大和・海老名と座間の一部)で、自民党の甘利明幹事長(72)が、立憲民主党新人の太栄志氏(44)に敗れ、小選挙区での敗戦が確実となった。

◆0:30 自民・若宮万博相が敗北確実

 東京5区で、自民党前職の若宮健嗣万博相の敗北が確実になった。

◆0:20 立憲民主・菅氏が当選確実

 東京18区で、立憲民主党の菅直人元首相の当選が確実になった。
 

◆23:50 立憲民主・辻元氏が敗北確実

 大阪10区で立憲民主党の辻元清美副代表の敗北が確実となった。

◆23:40 自民・公明で過半数

 共同通信によると、自民党は公示前の276議席から減らすものの、公明党とともに過半数の233議席を確保する情勢となった。

◆23:00 小沢一郎氏が敗北確実に

立憲民主党の小沢一郎氏

 共同通信によると、岩手3区で自民前職の藤原崇氏が当選を確実にした。選挙区での当選回数が現役最多の17回を誇る立憲民主党前職、小沢一郎氏は敗北が確実となった。

◆22:00 岸田首相「大変貴重な信任をいただいた」

 岸田文雄首相(自民党総裁)は、フジテレビの選挙報道番組に出演し「各予想を見ても、自公で過半数は確実なのではないかという予想が出ている。その通りであれば、政権選択選挙において大変貴重な信任をいただいた、ということになる。自民党の議席が減ったということについては、しっかりと内容を分析した上で、しっかり受けとめ、今後の取り組みに参考にしなければいけない」と語った。
 一方、この選挙結果を受けて、これまで掲げてきた政策、安倍政権下の桜を見る会問題や甘利明幹事長を巡る政治とカネの問題について説明を済ませたとする考えを修正する考えはあるかどうか問われると、「従来から私の考え方を申し上げてきた。その考え方は変わらない」と否定した。

テレビ局のインタビューに答える自民党総裁の岸田首相=31日午後10時11分、東京・永田町の党本部

 選挙後に閣僚や党人事をやり直すかどうかについては「基本的には今の体制、閣僚も党の役員もスタートしたばかりなので、基本的に触ることは考えてはいない」とし、現体制を維持する考えを表明。
 甘利氏が小選挙区で敗北した場合に「岸田文雄総裁(首相)に身柄を預けないといけないと思っている」と述べたことには「選挙の結果はまだ出ていないわけだから、その結果が出る前にどうこういうのは私の立場からは控えなければならない。結果が出た上で、その結果も見て、そして本人とも話しあってということを考えるのかなとは思う」と語った。

◆20:30 自民・甘利幹事長「力不足だった」

テレビ局のインタビューに臨む自民党の甘利幹事長=31日午後7時57分、東京・永田町の党本部

 自民党の甘利明幹事長は、報道各社の出口調査で厳しい戦いとなっている。党も議席を減らす見込みとなり、険しい表情で語った。
 小選挙区で自身が敗北した場合の責任を問われると、「総裁に身柄を預けないといけないと思っている」と答えた。さらに進退について質問されると、「そういうことを聞く番組ですか」と不快感をにじませた。
前のページ

おすすめ情報