【動画あり】「人を殺して死刑になりたかった」「小田急事件を参考に」…京王線に刃物男、殺人未遂容疑で逮捕 17人けが、1人意識不明の重体

2021年11月1日 01時33分

動画は木村俊介さん(@siz33)提供

容疑者とみられる男に事情を聞く捜査員=いずれも31日、調布市の京王線国領駅で(木村俊介さん撮影)

 31日午後8時ごろ、東京都調布市の京王線国領駅付近を走行中の京王八王子発新宿行き特急電車(10両編成)の乗客から「刃物を持った男がいる」と110番があった。男は刃物を振り回し油のような液体をまいて火をつけた。刺された70代の男性が意識不明の重体となるなど男女計17人が病院に搬送された。警視庁は殺人未遂容疑で住居と職業不詳、自称服部恭太容疑者(24)を現行犯逮捕した。
 調べに対し「人を殺して死刑になりたかった。2人以上殺せば死刑になると思った。(8月の)小田急線の事件を参考にした」と供述しているという。警視庁は調布署に捜査本部を設置して動機などを調べる。

車両の窓から逃げる乗客ら

炎が上がる京王線の車内

 捜査本部によると、服部容疑者は先頭から8両目に座っていた男性の右胸を刃渡り約30センチの刃物で刺した後、6両目に移動しシートや床にペットボトルに入れた液体をまいて放火した。電車は国領駅で緊急停車し、服部容疑者は9両目にいるところを警察官に取り押さえられた。
 調べに「ライターオイルとライターを使った。刃物はネットで購入した」と供述しているという。
 搬送された男女17人は10代〜70代で、重体の男性以外は軽傷という。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧